Home > 研究日誌 > プラマイゼロ理論。

プラマイゼロ理論。

まるたしん
あ、明日は職場の胃検診(の日)だった。

思い出したのは仕事帰りの手話講習会へ向かう道中。
確か前日夜9時以降は飲食禁止。
講習会が終わるのも、そのくらい。

つまりは、本日の晩飯は抜きとなりました。

翌朝も朝食抜きとなりますので、連続2食抜きということになります。

実際に過ごしてみると「腹減って身動きできない!」とはさほどならず、また、胃検診を受けたら、おなかの中はバリウムで満たされましたので、検査後に何を食べるわけでもなく。

とりあえず自分へのご褒美という意味も込めて、昼食に大好物の「トルコライス」を食したことは、本日の特筆すべき事項でありましょう。

あの、ピラフも、カツカレーも、ナポリタンも同時に味わえるこの”大人の”お子様ランチを食するときは、「長崎に生まれてよかったー!」と思えるひとときであります。

さて、本日の仕事も終わり、ロッカーでスーツの上着を羽織り、颯爽とamazon.co.jpで購入したお気に入りのビジネスリュックを背負ったときのことです。

背中にごつっと当たるいつもとは違うリュックの内容物。

まるたしん
あっ!

そう、今朝のことです。

神さん
はい、お弁当。

久しぶりに、今日は神さん(妻)がお弁当を作ってくれていたのです。

すっかり忘れておりました・・・。

現在夜7時頃。
今から帰宅すると、神さんが丁度夕食の準備をしてくれているはずです。

どうしよう・・・。(;’∀’)

リュックの中には、一食分のお弁当が手を付けられずに格納されております。

捨てる・・・という選択肢もあります。
がしかし、神さんの、愛がこもっているのかは別にせよ、一生懸命作ってくれたお弁当です。
捨てるなんてもってのほかです。

当然、食べる以外に選択肢はございません。

まるたしん
(少し、寄り道してその辺でお弁当を食べた後、バスに乗るか・・・。)

いや待て。

帰宅にかかる時間はおおよそ1時間程度。
1時間もあれば、満腹中枢が満たされてしまいます。
家に着いた後に待ち受ける夕食を食べきることができるだろうか・・・。

私には自信がありませんでした。

まるたしん
よし。

私の決意・・・。

それは、夕食に連続してお弁当を食べるというものです。

家に帰り、普通に夕食を食べ、その直後、自分の部屋に籠り、立て続けにお弁当を食べるのです。
そうすることにより、満腹中枢が満たされる前に弁当を食すことができるため、「うっぷ!もうだめ!」という状況を回避できるだろうという考えです。

 

自宅に戻ると、家族は食事を終えており、居間には私の夕食が準備されております。ありがたや・・・。

今夜の夕食は「豚丼」。豚バラの角煮がご飯の上に乗っていました。とても旨そう!!( *´艸`)

豚丼を、それは美味しくいただきました。

直後、私は、何かをしなきゃ!という雰囲気を醸し出しながら、階段をのぼり、自室に閉じこもりました。

そして、音をたてないように弁当のふたを開け、箸を取り出し、第2の夕食であります、お弁当に着手したわけであります。

皆様ご注意いただきたいのですが、時期によっては、朝作ったお弁当は、夜になると、食べることができない状態になることがありますので、同じようなことを実施される際は、くれぐれもご注意いただきたいと存じます。
ちなみに当日は、さほど暑くもなく、お弁当のにおいを嗅いでみましたが、大丈夫でした。

お弁当の中身は、唐揚げでしたね。

シソが振りかけてあるご飯を食べることはたやすいのですが、現在の状況ですと、やはり唐揚げに箸が向かいません。

2個の唐揚げのうちの一つに箸を伸ばし、食べてみます。

いくら噛んでも飲み込むことができません。
ホント、大好物の唐揚げでも、満腹状態になっていると、のどを通らないもんなんですね。

そのとき、1階の台所から神さんの声が聞こえてきました。

神さん
ねぇ、お弁当箱は??
まるたしん
(やっべ・・・。)

急いで食べていることもあり、口の中はご飯と唐揚げで満たされています。
とりあえず立ち上がり、慌てて部屋の入口付近まで向かいましたが、しゃべろうとするともぐもぐ言ってしまいそうで、口から声が出ません。

(今しゃべると100%バレる!!)

自室の入り口付近で、立ったまま、必死に咀嚼(そしゃく)するまるたしん。ピンチ!!

神さん
ねぇって。お弁当箱は??

やっべ。とうとう催促が来ました。

まるたしん
あ、ごめん、忘れてきたかも・・・。(;´・ω・)
神さん
えぇぇ~~~(-_-)

すまない。本当にすまない。
とりあえずここは申し訳ないけども、ごまかすことにいたしました。
本当に申し訳ない・・・。

取り合えず、ひとつピンチは脱出しました。

自室の机に戻り、改めて弁当に向かいます。

時間的余裕はあまりありません。
とにかく必死にお弁当を食べていきます。
でもなんとなく罪悪感から、「味わうこと」だけは、大事に考え、そこそこ慌てず、食べることを心掛けてしまいます。まるたしんいいやつアピール!!

なんとか弁当を完食し、お弁当のふたを閉め、私はリビングに降り立ち、洗い物をしている神さんに申し訳なさそうに弁当箱を差し出しました。

まるたしん
ごめんなさい。お弁当箱、ありました。
神さん
・・・はい。

なんとかミッションは成功でしょうか。

胃袋が膨らみすぎて、歩くのもおぼつかないくらいふらふらと、とりあえず自室に戻りました。
私は小食ではございませんが、大食漢でもございません。いやはや今回は食べすぎました。

思えば、

昨晩はご飯を食べずにカロリーゼロ。

翌朝も朝食を食べずにカロリーゼロ。

つまり、
本日夜ご飯でいつもより倍カロリーを摂取したとしても、体に与えるカロリー量は、いつもより少ないはず。

・・・。(;´・ω・)

次の日は、朝食も入らないほど体が重く感じ、強迫観念により、ジョギングで汗をかいてまいりました。

神さんにも申し訳ないという思いから、いつもより念入りに家じゅうを掃除して回り、部屋をきれいにしたことは言うまでもありません。

皆様におかれましては、この度私が得た教訓を心に刻んでいただき、私と同じような過ちを犯さないようにしていただけましたら幸いに存じます。

【本日の教訓】
「一気に2食分食べても、カロリー同士がぶつかりあって、カロリーゼロ。」

multas
サンドイッチマン伊達さんのネタだよね?
まるたしん
神さん申し訳ありませんでした。

【本日の教訓その2】
「旦那の家事がいつもより入念だった場合は、後ろめたい何かがある。」(;´・ω・)

ではまたノシ

Home > 研究日誌 > プラマイゼロ理論。

Search
Feeds
Meta

Return to page top