Home > 研究日誌 > 自分に真面目に、人に不真面目に。

自分に真面目に、人に不真面目に。

2019年初の作文となりまする。
マルタスフリークの皆さま、本年も、マルタス クリエイティブ ラボラトリーをよろしくお願いします。

今年は、いつもとは異なり、初めて「橘神社(長崎県雲仙市千々石町)」に初詣に行ってまいりました。こちらは、長崎県内でもかなりの人数が初詣に来られる有名なところだそうです。大きな門松がありましたね。

私は、占いの類はしないのですが、神社のおみくじは、たまに引くことがあります。
おみくじというものは、信じる・信じない、当たる・当たらないという話ではなく、たまに核心を突かれることがありまして、自分を見つめ返す良い機会に恵まれることがあります。

お参りを済ませて、境内をふらふら歩いておりますと、よくある「誕生日ごとに分けられたおみくじ」が販売されておりました。
一番下の息子とそれぞれ購入しまして、帰りの車の中で音読、見せ合いっこをしたわけであります。

おみくじ
「貴方の性格は、自らとともに、他人にも、非常に強い影響力を持ち、人を引き付ける力を持っていますーーーー。
まるたしん
おお!
おみくじ
それだけに栄枯盛衰、善悪日月の起伏が激しいと云えましょう。」
まるたしん
これは苦労しそうなお告げだな。

冒頭にはあと、「保守的だけど新しいものは吸収する気持ちを多分に持っている。」みたいなことが書かれておりました。

決して自分のことをおごっているつもりはございませんが、この冒頭の文章で一気に「わあーー、言われた!」と、素っ裸にされたような気にさせられたのは、やはり、おみくじとの出会いというものは、ある意味”必然”なのではないかと思ってしまうところであります。

おみくじ
「家庭や仕事において、助言や忠告を求められていないのに、与えるくせがあります。」

これを車の中で、一番下の息子が家族のみんなが聞こえるように読み上げるのです。(;´・ω・)
運転しているまるたしんの手から、妙な汗を感じざるを得ません。笑

おみくじ
「つまづいたときに誤解を受けるから注意してください。」
multas
まったく褒められなくなったね。
まるたしん
・・・。

ふと思いました。

「良かれと思って」行動する場合ってあると思います。相手を思いやる気持ちはとても大事ですが、この動機は、100%正義とは限らないと思います。「相手の気持ちを確認していない。」という点においては、コミュニケーションが不足しているとも言えるんじゃないでしょうか。
なので、求められてもいないのに助言や行動をしてしまわないよう普段から気を付けているんですが・・・って、このおみくじの内容、結構な人に当てはまると思うんだよね。

まぁいいか、次へ進もう。

おみくじ
「あなたは良い友人とともに敵も多く作ります。そのため、自分の中にある虚勢、激情、独裁等を抑制して、自分とは性格の違う、または、意見の異なる友人を探し求めるべきです。」

このおみくじは、誕生日のポッケに入っていたものをただ取っただけのものです。
同じ誕生日の人は、性格や素行が同じなのか?と疑いたくなりますが、これほど心当たりがありすぎて、心折れそうに・・・、いや折れるところではありませんが、やはり、「内面を言い当てている」と思わざるを得ません。

おみくじ
「あなたのすることが成功すればするほど、人目に付くから、独断的に物事を選ばないこと。他人から尊敬を受けることを期待して権力を欲する気持ちが出てきたら暴君となりかねません。心して自戒すべきです。」
multas
けちょんけちょん(笑)( ´艸`)
まるたしん
ほんとな!(笑)
おみくじ
「あなたは征服欲が強いので、チーフになる素質があり、異性間においても無限の欲望を持ちます。

・・・。
要は性欲が強いということか?(;´・ω・)

おみくじ
「特に異性関係は感情の調整に努力しないと失敗します。」

(-_-)

確かに夫婦ケンカは多い・・・。

おみくじ
「自分の長所を生かし、欠点に留意するならば青年期より壮年期の間に幸福を享受することができるぞよ。」

もはや読み上げる息子の声が、天からのお告げのようにも聞こえます。

面白かったので、仕事始めの日は、このおみくじを職場のある同僚に見せたのですが、

職場の同僚
まるたしんさん、これ、すっごく良いこと書いてありますよ。確かに、正すべきことは書いてありますが、そこを直せば、内容はすごくいい良いですよ!

なに、惚れていい?
ねぇ、惚れていい?(笑)

そうなんですよね。
いろいろとうまくいっていないときって、つい悲観的になりがちですが、そんなときこそポジティブになるということの大切さを、この方から思い出させていただくことができました。

おみくじにも書かれたようなこと、昔から自分を知っている上司から「言いたいことをはっきり言う性格」と言われたことがありましたので、そうなのでしょう。
っていうか、言われたとき、正直「やっぱりそっかぁ。」と思うところはありました。

「言いたいことをはっきり言う。」というのは、自分自身はストレス解消になるかもしれませんが、相手にはストレスになってしまう場合もあります。もちろん、良いテイストで受け取ってくれる方もおられるでしょうが、相手の気持ちを思うことは重要であり、何ごとも度を越さない程度というのが肝要でしょう。

ちなみに「真面目(まじめ)」というのは、「本気である、うそや冗談ではなく、真剣であること。」という意味らしいです。(さっき調べた。)

そういう意味では、私の場合、心のままに、真面目に「言いたいことをはっきり言う。」のはときに慎むべきで、不真面目に行動することも大事、という話なわけです。

職場の女神がおっしゃったように、書かれていることを守れば、とても素敵な幸福の享受が待っているわけです。
多少は心の内面に抗うことも、目的達成のためには大事だということなのです。

っていうか誰だって多少なりとも嫌だと思いながらも目的達成のために行動していることってあるはずですね。

まるたしん
よし、今年も、自分に真面目に、人に不真面目に本気を出さずに行くぞ!
multas
なんか目標が微妙だな!(;´・ω・)
まるたしん
数値目標としてはーーーー、
体重マイナス10キロだな。
multas
数値が全く関連してねぇ!

こんな不真面目な当サイトですが、本年もどうぞよろしくお願いします。

Home > 研究日誌 > 自分に真面目に、人に不真面目に。

Search
Feeds
Meta

Return to page top