Home > 研究日誌 > 天気予報が当たらないのはただの設定ミスかもしれない。

天気予報が当たらないのはただの設定ミスかもしれない。

マルタス クリエイティブ ラボラトリーの所在地は、長崎県長崎市の東の方、いわゆる「東長崎」と言われる地区にあります。地元民は、略して「ひがなが」とか言ったりします。

とはいえ「東長崎」という地名は、中学校の名前や「イオン東長崎」などのように今でも使用されている例は多いですが、これいわゆる通称でして、「東長崎」と名の付く地名は現存しません。かつては「東長崎町」という地名が存在していましたが、市町村合併によりその町名は消滅しております。

しかしあまりにも地元民が「東長崎」「ひがなが」という言うものですから、ネットで周辺のランチスポットを調べようとしたら、つい「東長崎 ランチ」なんてキーワードで検索をしてしまいます。
しかし、ヒットするのは同じ「東長崎」でも、東京都豊島区にある「東長崎駅」周辺のランチスポットだったりするのですが、それに気づくのが遅かったりして「へぇ、こんな知らないランチスポットがあるのか・・・行ってみる・・・!(ワクワク)」なんて勘違い、ありますよねぇ。えっ?普通すぐ気づくって?

そんな勘違いが、先日私の身に起きたことを、いや、正確には、ずっと間違い続けていたことに先日気づいた、という話を今日はさせていただこうかと思います。

皆さんがお持ちのスマホ。
アンドロイドでもアイフォーンでも構いませんが、デフォの天気アプリ、ありますよね。
んで、ほとんどの方は、GPSを使ったりして、現在値を自動検出し、地元の天気を常に表示できるようにしてると思います。

私、個人情報の漏洩には神経質な性格でして(〃▽〃)、GPSで、自分の居場所がグーグルだの、ヤフーだの、中国の企業だのに送信されるのが許せなくて、こうしたアプリにはGPSの情報を送信しないようにしています。

そうなると、言わずもがな、都市名を入力して、現在値を手動で設定するわけです。「長崎」とか「長崎市」で検索するわけです。
んで検出された長崎市を、天気アプリの既定の地域に設定して、ホーム画面に本日の天気を表示するようにしているわけです。

そして、先日、隣接する諫早市に住む職場の同僚と、連休中に諫早市内を一緒にランニングをするという話になりまして。

数日前から予定を立てていたのですが、どうやら諫早市の天気予報が雨模様らしく、これは延期せざるを得ないのではないかというLINEが飛んでまいりました。

まるたしん
そっかぁ、残念だなぁ。

雨とはいえ、ちょっとした小雨程度であれば、気温も上がらず、むしろランニングするにはもってこいなんじゃないか。
せっかくカミさんにも既に許可を得ていたこともあり、できれば決行したい。
そう思いながらスマホを覗いたところ、一つの疑問が浮かび上がってきたのです。

私の住んでいる長崎市の天気は、雨の予報ではないんです。

確かに、曇り空であり、降水確率はゼロではないのですが、せいぜい1%程度です。

長崎市で雨が降らないのに、隣接する諫早市は、確実に雨降りな降水確率だと?
相方はアイフォーンで、私はスマホ(かのファーウェイ)。天気アプリの提供元が違うのはわかりますが、これだけ予報がかけ離れているのは解せません。

いや、そんなことはどうでもいい。

私は、彼に私のスマホの天気予報のキャプチャー画像とともに、一つの提案をしました。

まるたしん
こちら(長崎)の方は晴れているから、こちらで走ろうか。

よく考えたら、諫早で走ることにこだわる必要はなく、走りやすい道があれば、どこでも良いわけですよ。

しかし、彼から衝撃のコメントが発せられたのです。

同僚
これ長崎県の長崎ちゃうでしょ?
まるたしん
えっ?

東長崎駅だったり豊島区長崎といった地名があることは存じておりましたが、画面にはしっかり「長崎市」と表示されております。疑いようはありません。

さすがに「長崎市」は長崎県の県庁所在地唯一無二でs・・・

まるたしん
(山形県・・・・長崎?)

私は天気予報アプリを開き、新規地域として長崎県長崎市を追加してみました。
見てほしい。まったく同じ時間帯の天気予報の画面を並べてみました。

これだけ予報が異なっているということは、これは明らかに地域の設定が異なります。
私がこのスマホを購入しておよそ3年・・・。この間、私は地元とは全く異なる遠く離れた地方の天気予報を自分の地方の天気予報と勘違いしていたのです。

どうりで。
スマホで天気予報を見て、洗濯物を外に干していたら、カミさんから夜に「なんでこんな雨の日に洗濯物を外に干したの?」と何度か言われたことがあったのを思い出しました。

アプリの表示は「長崎市」です。予報マークをタップすると、AccuWeatherというサイトの天気予報がブラウザで表示されるのですが、ウェブサイトを見ても、「長崎」とは書かれていますが、それがどこの長崎なのかどこにも書いていないから、これ初期設定で間違ってしまうと、その後、間違いにまず気づきません。

これはさすがに天気予報アプリさんには一言申し上げたい。
せめて、都道府県名を出してほしい、と。

地図の表示はあるだけど、

ご覧のように広域すぎて、設定地域が日本のどこか見当もつきません(笑)。
せめて現地点がイメージできるくらいのスケールで表示してほしいものです。

長崎市民の皆さんへ。
私はこの設定ミスをされている市民が、一定いると思っています。

うろ覚えですが、「長崎」だか「長崎市」で検索したものの最上位候補を選んだはずです。

しかも、現在設定している都市が、本当の長崎県長崎市なのかどうかの確認手段が、テレビや新聞の天気予報と見比べるしか術がないのです。(笑)

今でも検索結果はこのように出ます。

ちなみに山形県に長崎市はありません。(笑)

今一度、あなたのスマホの天気予報と、テレビや新聞の天気予報を見比べてみていただければと存じます。
特に「あれ?今日は晴れるはずだったのに、雨降ったなぁ。洗濯物外に干しちゃったなぁ。」という現象に何度か心当たりがある方!
「スマホの天気予報って全然当たらねぇなぁ・・・。」と思っていたあなた!

それは只の設定ミスかもしれません!!

設定を見直してみることをお勧めします。
まるたしんは設定改めて、心機一転で明日、晴れの予報である明日、ランニングに励もうと思います。
ではまたノシ

Home > 研究日誌 > 天気予報が当たらないのはただの設定ミスかもしれない。

Search
Feeds
Meta

Return to page top