Home > ニュースネタ > 【雑話】あのころ、電話線の向こうには“未来”があった――「パソコン通信」がくれた出会いと記憶

【雑話】あのころ、電話線の向こうには“未来”があった――「パソコン通信」がくれた出会いと記憶

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/19/news121.html

パソコン通信とか懐かしすぎる!

就職したての頃、狭い会社の寮にPC98を持ち込み、「まいとーく」で市内の草の根BBSにログインしていたのを思い出します。

確かパソコン通信にあこがれたのは、後藤久美子が主演のドラマで、島から出られなくなったかなんかでパソコン通信で助けを求めるようなストーリーだったような・・・。

空と海をこえて(wikipedia)

多分これです!

これを当時テレビで見ていて、「パソコン通信・・・・いい!」って思ったんです。
(っていうかこんなきれいな女性もパソコン通信するのかなぁっていうところが、なんというかギャップがあるというか夢があったというか・・・。( *´艸`))

にっちもさっちもいかなくなったとき、「あっ、パソコン通信なら助けを求められるかも!」みたいな、ドラマのワンシーン、なんかほんとに鮮明に覚えています。もう一度見てぇ。

Home > ニュースネタ > 【雑話】あのころ、電話線の向こうには“未来”があった――「パソコン通信」がくれた出会いと記憶

Search
Feeds
Meta

Return to page top