Home > 研究日誌 > 必要なのは元気!

必要なのは元気!

ビジネスにおけるコミュニケーションツールの一つであるメール。
メールには当然相手がいるわけで、マナーという概念が必然的に存在してくるわけです。

件名はわかりやすく整理しやすい内容に、本文は簡潔に、署名は付ける、など、皆様におかれましても、メールの作成にはいろいろと工夫されているものと思います。

数年前に少し気になっていたのは、
メールの冒頭で送信先の宛先を書く際、

〇〇 さま

という風に、あえて「様」を「さま」という書き方。

最初見たときは、「えっ、変換ミス?」などと思ったものです。

しかしながら、同様に数人からそういった「さま」メールをいただいたとき、「これは一種のマナーなのでは。」と思い、気になってインターネットで検索してみたところ、ありました。
相手が特段偉い人など気を遣う方ではなかったら、「様」よりも「さま」の方が柔らかい表現なのでベターであるとかなんとか。(忘れた。)

個人的にはどちらでも気になりませんでしたが、「流行りかのかな?」と思って、私も一時期あやかって使っておりました。それで相手が心地よく思ってくれたり、良い印象を持ってくれるのであれば、それに越したことはないですからね。

が、これはフィーリングですが、最近では「様」派が優勢のような気がしております。

マナーの流行り廃りといったところなのでしょうか。(短いスパンだこと!)

ところで、私、もう一つ仕事でメールを受け取った際、少し気になる書きっぷりがあります。

まるたしん 様

お疲れ様です。

・・・(用件つらつら)・・・

よろしくお願いします。

どこが気になるのかというと、この中の一文、
「お疲れ様です。」
です。

例えば、これを朝一のメールで見るわけです。
今日が始まったばかりの朝一に。

まるたしん
私は一切、疲れておりません!

いやね、100歩譲って、相手が夕方にメールを送ったとしましょう。
そして、私がその同じ夕方にそのメールを見たとします。

読むタイミングによっては、直接会ったときに言うように「ども、お疲れ様です!」と言っているような印象を受けます。
が、ツールがEメールですから、当然相手が、そのメールを「いつ」閲覧するかは全くわからないわけです。

multas
まるたしんよぉおーーーーー!
まるたしん
出た!
multas
出た!ってなんですか!

『お疲れ様です。』

てさ、決まり文句みたいなもんじゃん。別に本当に「お互い疲れているよね!」って毎回思いながら発してないでしょ。あいさつみたいなもんでしょ。( ゚Д゚)

まるたしん
・・・・・。

いや、その・・・。
そんなまくしたてなくても・・・。

multas
じゃあさ、『お疲れ様です。』じゃなかったら、なんていえばいいと思う?
まるたしん
んー。
そうだなぁ。
まるたしん
こんにちは!
multas
こんにちは!
まるたしん
ほら!
multas
う・・・うん・・・・。(;´・ω・)

「お疲れ様です。」があいさつみたいなもんなら、あいさつを使えば良い。
「こんにちは」は、いつの時間帯でも無難に使えるあいさつ。
しかも、びっくりマーク「!」を使うことによって明るい印象を受けるでしょ!

multas
別にメールの文章が明るくなくたっていいんじゃ?
まるたしん
まーた、そんなこというぅ。(;´Д`)

メールは、文字だけで相手の顔が見えないんだから、できるだけ明るく表現すれば、相手に良い印象を受けるんじゃないかな。
しかも元気なメールなら、相手にも元気がうつるかもしれないじゃないですか。

まるたしん
少なくとも、『お仕事お互い大変ですねぇ~』みたいな意味の『お疲れ様です。』よりましかと思うがね。(´_ゝ`)
multas
確かにね。

昨今、別に社員同士仲良くならなくてもいいし、メール送っとけば、相手の都合の良いタイミングで確認してもらえるし、メモ代わりになるし・・・。とか言って、すぐ近くにいる人でも、メールだけで済ますってことって多くなったと思います。

私個人としては、近くにいる人ならばメールだけではなく、顔を合わせてコミュニケーションしてほしいところですけども、これも時代の流れであり、時代に合わせて考え方を変えていくことも、大事なのかなぁ~とか思うわけです。納得はしていませんけどね。

そうなると、たかがメールの文面でも、相手が気持ちよくなれるような文面にするということ、これがまさに日本人の気質というものではありませんか。

というわけで、本日のファイナルアンサー。

〇〇様

こんにちは!
マルタス クリエイティブ ラボラトリーのまるたしんと申します。
いつもお世話になります!

以下、用件。

まるたしん
こんな感じどう?

ピローン!(着信音)

まるたしん
おっ。
to まるたしん
from マルタス

まるたしん 様

こんにちは!
マルタス クリエイティブ ラボラトリーのマルタスです。
いつもお世話になります!

このEXCELの計算式がうまいように動かなくて、
ご助言をいただきたいのですが。

まるたしん
そうかそうか。
multas
・・・。

ピローン!(着信音)

まるたしん
ん?
to まるたしん
from マルタス

まるたしん 様

こんにちは!
マルタス クリエイティブ ラボラトリーのマルタスです。
いつもお世話になります!

すみません、ちょっとトイレに行ってきます。

まるたしん
・・・。
multas
・・・。

ピローン!(着信音)

to まるたしん
from マルタス

まるたしん 様

こんにちは!
マルタス クリエイティブ ラボラトリーのマルタスです。
いつもお世話になります!

すみません、
今日はお先に失礼させていただきます。

まるたしん
んがーーー!!!
隣にいるんだから、メールなんか使うんじゃないよ!( ゚Д゚)

とりあえず当面、この書き出しでメールを書いてみることにします。

multas
( ´艸`)

うん、良い印象になるんじゃないかな。

ーーー 数日後 ーーー。

まるたしん
マルタスよぉ・・・。
multas
どうしたの?
まるたしん
その・・・ちゃんと宣言したとおりにメール書いてるんだよ。
multas
うん。(´_ゝ`)
まるたしん
でもね・・・なんか、すごく違和感があるんだ・・・。
multas
へ?(;´・ω・)

メールって、文字だけじゃないですか。
どんなに気分が滅入っていても、忙しくても、文字だけなんだから、「こんにちは!」って書くのは簡単じゃないですか。

でもね・・・、

まるたしん
そんなテンションじゃないときは、その文言を消したくなるのよ・・・。( ノД`)
multas
まぁわかる。

ほんっと、チャットやメールのように、自身の発言を書くときって、相手には顔も見えていないというのに、そのときの自分の気持ちに、かなり左右されていることがわかりました。
気分がさほど乗ってないときに、『こんにちは!』みたいにビックリマーク使って書きにくいものだったのです。

multas
とはいえ、言い方が辛辣かもしれないけど、メールを書いているときのまるたしんの感情なんて、メールの相手にはどうでもいいことだよね。
まるたしん
確かに。

メールは用件を伝えたりデータを送信したりするコミュニケーションツールであって、わざわざ感情を文字に込める必要はないわけです。
書き手の気分が良かったら、相手もいい気分になるかもしれませんが、逆に書き手の気分が悪いときに、感情を込めて文字を書いたら、受け取った相手は気分悪くなるかもしれません。そんなの誰も望んでいませんよね。

multas
文字だけだからね。そういう感情の伝達はやけに増幅したりするよね。

何度かこの文面で送信しているうちに、いろいろ考えることはなくなってきました。
逆に自分の文面で、元気になっている気さえします。(笑)

何か楽しいメールの書きっぷりがございましたら、ぜひ教えていただけたら幸いです。

それではまたノシ

Home > 研究日誌 > 必要なのは元気!

Search
Feeds
Meta

Return to page top