Home > 研究日誌 > Remoter ProでiPadからSSH接続

Remoter ProでiPadからSSH接続

備忘録です。
自宅のRaspberry Pi(rasbian)へ、WindowsPCとiPadの両方からSSH接続する方法について記載しておきます。
iPadではRemoter Proというアプリを利用します。

ざっくりとした考え方しか記載しておりませんので、細かい設定方法などは他のサイトを参照していただければと存じます。

ざっくりと環境と経緯説明

小型のシングルボードコンピューターとしておなじみのラズベリーパイ(Raspberry Pi、インストールしているOSはRasbian)にWindowsPCからSSH接続して利用しています。

SSH接続には、がっつりセキュリティーの観点から、公開鍵認証方式を用いています。

ユーザー名とパスワードだけではなくて、秘密の鍵を持っていないと接続できないっていう認証方式です。

手元のPCで秘密鍵と公開鍵のセットを生成して、公開鍵をラズパイのホームフォルダーの.sshフォルダーにauthorized_keysという名前で転送します。
PCからはteratermproなどのクライアントソフトで接続します。

ここまで辺りの設定は、他のサイトをご参照ください。

ssh接続の基本(公開鍵認証方式)

次に、iPadからも同様にSSH接続できるように設定したいのですが、アプリは「Remoter Pro」を使用します。
このアプリは、以前iPadからリモートデスクトップ接続をする際に、一番使いやすいぃぃぃ!と思って購入したものです。有料です。

他にもSSH接続のためのアプリはあるとは思いますが、最終的にはSSH接続からのトンネリングによるリモートデスクトップを実現したかったり、というかせっかく購入したので使いたいという単純な理由です。(;^ω^)

早速、Remoter Proに、既にある秘密鍵を持って行こうとするのですが、どうしてもインポートができません。

具体的には、iPadのクリップボードに秘密鍵をコピーした状態で、SSH Key Managerを開いて、Importをタップするのですが、「Copy an SSH key into the clipboard to import」としか表示されず、クリップボードの中身を鍵として認識してくれません。私の認識が悪く、鍵の形式が違うか何かが原因なのでしょうけど、ここでつまづいてしまいました。

ざっくりと解決方法

Remoter Proに鍵をインポートできないのであれば、Remoter Proで生成した公開鍵と秘密鍵のセットを用いれば、SSH接続できます。

しかし、それでやってしまうと既存のWindowsPCに、iPadで生成した秘密鍵を持ってこないといけないのですが、Remoter Proから秘密鍵を取り出せません。(;^_^A

どうすればいいか。

実は答えは簡単で、公開鍵を二つともラズパイに登録しておけばいいのです。

WindowsPCで生成した公開鍵とiPadのRemoter Proで生成した公開鍵をどっちもauthorized_keysに書き込んでおきます。

はぁ(*´Д`)、良く見たら「Keys」って書いてあるじゃん。複数形じゃん。

玄人の方
こんなことで記事にするのか。
まるたしん
うるさい!( ゚Д゚)
温かい目で見守ってくださいよぉ~。

貴重な休みの午前中を有意義に過ごせました!(´Д⊂ヽ

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > 研究日誌 > Remoter ProでiPadからSSH接続

Search
Feeds
Meta

Return to page top