みじん切りチョッパーが救う世界

私、みじん切りができないんです。

料理を作るのは好きなんですが、どうにも包丁などの鋭いものが苦手でしてね・・・。
なので、みじん切りなどのように、包丁を素早く動かすのが、とにかくとても苦手です。いやもう料理全般苦手なんですけどね。かみさんには頭が上がりません。<m(__)m>

でも料理を作るのは結構好きではあります。
食べたいもの、食べさせたいものを自分で作れるスキルって、めちゃ魅力じゃありませんか。

そこで、私のような人間に打ってつけなのが、このフードプロセッサーなのです♪

しかし、このクッキングカッター、とても便利なのですが、機能が多い反面、パーツも多く片付けがそこそこ面倒ですし、ガタイも大きく場所を取ります。めちゃくちゃ便利なんですけどね。

そんな私がお勧めしたいのが、

ジャン!

この「みじん切りチョッパー」です。

multas
テレビショッピングみたいだな。

数百円で、家電量販店のエディオンに売ってます。

これは、紐を引っ張ることによって、中の刃物が回転して、紐を引っ張れば引っ張るほど材料が細かくなり、簡単にみじん切りができるという代物です。
これなら電気もいらないですし、機能も一つだけだし、小さいので場所も取りません。


これが


こうなる!

いつもエディオンに並んでいるのを見て、買おうかどうか迷っておりましたが、現在持っている電動のフードプロセッサーの立場はどうなるんだ?問題がございまして、購入するまでには至らずにおりました。

ちょうどそんな話をお友達としておりましたら、そのお友達が「欲しい!」っていいましてね。

まるたしん
(お、これはお試ししてもらって、良かったら買おうかな・・・。グフフ)
multas
買うって、手持ちのフードプロセッサーの立ち位置問題はー!?

ふふふ。( ´艸`)

丁度お友達がお誕生日でもありましたので、このみじん切りチョッパーをプレゼントいたしました。

数日後、
どうやら好評だったらしく、使った感じをLINEにて写真付きで送ってくれました。

Friend
餃子作ったー!

良かったー。

と、そんなある日のことです。
件のお友達からチョッパーのことでまた報告があったのです。

friend
チョッパーが片麻痺の方を救いました!
まるたしん

なんでも、お知り合いに身体の半分が麻痺している方がおられて、料理をするのに大変困っていたと。

以前、その話を聞いたお友達は、釘を指した特注のまな板をプレゼントしたら、とても喜んでくれたそうです。
野菜などを切るときに、片方の手が麻痺してるから、物を抑えることができず、そのまな板に刺さった釘に野菜を刺すことによって、切ることができるようになったと。

なるほど。想像もしなかった世界です。

ヘルパーさんはおられるので、料理は作ってもらえるのですが、やはりたまにはお孫さんたちに、自身の手料理を作りたいという思いは常に持っておられたと。

その気持ち、分かるなぁ。(´_ゝ`)

そんなとき!

みじん切りチョッパー!

お友達は、はっ!と思いついたように、その方に手持ちのチョッパーをプレゼントしたそうです。

まな板釘で、野菜は切れるものの、みじん切りは流石に難しかったらしく、レパートリーがものすごく制限されていたのですが、このチョッパーによって、みじん切りができるようになった。

つまり、このみじん切りチョッパーがあれば、ほら、アレですよ。
ハンバーグが作れるんです!

お子様には定番のおかず!

チョッパーはまさに自分も、お孫さん達も喜ぶアイテムと化したのでした。

その方にとても喜んでもらえたらしく、そのきっかけを作ってくれた私に大変ご丁寧なお礼をいただきました。とても嬉しかったです!

いや、今回においては、きっかけは確かに私が差し上げたことなのかもしれませんが、その片麻痺の方への料理ツールにおあつらえ向きだと繋がったその閃き、アイデアを思いついたお友達がMVPだったことは言うまでもありません。

この話を聞いたとき、この前まで悩んでいた私の心は決まりました。

これは、販売しているエディオンにお礼をしなくてはいけない!

私は後日、エディオンに訪れ、みじん切りチョッパーを購入したことをここでご報告させていただきます。

私にできることは、少しではありますが、エディオンの売り上げに貢献すること。
そして、たとえフードプロセッサーがすでに家にあろうが、このように人をハッピーにするアイテムを持っていると、きっと、自分にも幸せのお裾分けが降ってくるに違いないと!

かみさんから「また余計なもの買ってきて!」と言われるかもしれません。😅

しかしこの意思があれば、そう言われても、ニコニコして聞き流せることでしょう。あなたにもきっと良いことがありますよ!😊

障害がある人の悩みって、障害を持ってない人からはなかなか気づかれにくいもの。ちょっとした閃きから、どこにでもあるようなツールが、とても役立つツールに変身。お孫さんたちにみじん切りを使った料理を作ることができるようになった。その方を救ったんですね。

お友達よ!いやはやさすがはマルタスフリークです。勝手に任命!

ちなみにお友達は自身のみじん切りチョッパーを勢いでその方に差し上げたということでしたので、再度私の方からみじん切りチョッパーと、おまけとして当ホームページ特製ステッカーを進呈いたしたいと存じます。勝手に進呈!

この日誌をいつもお読みいただいているマルタスフリークの皆様からも、熱い”マルチ助かる”レポートをお待ちしております!

もれなく特製ステッカーを勝手に進呈いたします!😅

それではまたノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください