片手キーボードPRO

私が不本意ながら使用しているiPhoneで使用するアプリです。有料。購入時点(2020/12/09時点)490円。文字入力をするためのアプリです。


片手キーボードPRO(アップルストアへリンク)

数年前にリリースされているアプリですので、レビューは今更な感じかもしれませんが、現在の端末を使い続けて、ずっとストレスだったことが、だいぶ解消され感銘を受けましたので、ご紹介させていただきます。

カーソルの移動がやりやすい

iPhone標準では、カーソルを移動させるときは、タップか、空白ボダン長押しからのキーボードなぞりのどっちかでしたが、このタップがまたきちんとしたところに行ってくれないんですわ。

特に、LINEなんかで文字を入力しているとき、サジェスト機能と言って、入力した文字に似合ったスタンプや絵文字が候補に出てくる機能があります。
これが表示されてるときって、カーソルが文節単位にしか動かないというか、全く動かなかったりするんです。説明難しい。体験すればわかると思うのですが。😅

それで片手キーボードPROなのですが、カーソルの移動専用のバーが用意されておりまして、左右に長押しすると一文字単位でカーソルが動いてくれます。
ドラッグして指を動かすと結構素早くカーソルが動いてしまうのですが、ツールバーの左サイドや右サイドをタップすれば、一文字単位で左右に動いてくれます。

これだけで買う価値ありとまで思うくらいですね。

iPhoneのカーソル移動はほんとしにくいですけども、頑なに今の仕様突き通しますもんね。

アップル「オレに合わせろ。」

そういうことなんですね。😅

文節の区切りもドラッグ操作

文字変換の候補がなかなか出てこないときは、文字入力しているところでドラッグ操作をすることによって文節を区切りながら変換していくことができます。

文字を途中入力漏れしてしまったときも、このドラッグ操作で途中に追入力できます。便利です。


こんな感じで「う」を入れ忘れた!ってときに


「う」を追加入力

定型文の入力が超簡単

定型文を登録しておくと、ワンタッチで定型文を入力することができます。

一般的にはあまり定型文を使うシチュエーションがないのかもしれませんが、私の場合は、文字を大きくしたり色を付けたりするときのタグを登録しておりまして、ボタン一発で出てくるのはとても便利です。


画面下のボタンを押すだけで、いつも使うタグなんかが一発で打てる。

iPadの方では、サブキーボードという便利な機能もあるみたいですね。

とにかく細かい設定ができる

いじってみて、「あーなんかそこはこうであってほしいなぁ。」という設定が、今のところ変更できています。

この細かい設定項目はすごい思いますね。ユーザーからの要望をどんどんフィードバックしていった感じがしてとても好印象です。

あなたもぜひ利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください