ストレスフリーな精算

コンビニとかスーパーとかで買い物するとき、やれポイントカードやら電子マネーやらなんたらペイやら種類が多すぎて面倒だと思いませんか。

先日コンビニでカード決済しようとして、店員さんが「カードお願いします〜」って言うからカードリーダー(あのカードを隙間に縦に差し込んで下にシュッ!てするヤツ)に何度通してもカードを認識しないわけです。

まるたしん
(なんだよこれ。😤)
店員さん
ICチップ搭載のカードですのでこちら(下の差込口)にお入れください。

知らんし!

また別の日ですが、楽天ポイントの残高があったからそれで支払いをしようとしましたら、これまた認識しなくてですね。

どうやら楽天ペイのバーコードの画面だったらしいのですわ。

何が違うんじゃ!

なんかもう一つの方法に統合してくれませんかね。

このように最近は楽しい買い物のはずが、最後に急展開を見せ、バッドエンドで終わってしまうこと、多いわけです。
皆さんも経験ありますよね。え?ない??

あと最近、レジでのやり取りといえばアレです、精算機です。

スーパーで買い物をして、お金を差し出したら、

店員さん
○番で(精算を)お願いします〜。

ってヤツです。

コロナで人と人が接触しなくて済むようになるという意味では最強のタイミングて登場したと思いますし、手法としてはデメリットは無いようなのですが、現金入れるだけで精算してくれればいいのに、「現金」ボタンをまず押さないといけないというのは面倒な気がします。

ただね、面倒面倒言っても仕方ないですし、これおそらくは、今まで無言で現金を差し出せばお釣りをくれたのに、今までより余計にやり取りや操作を要求されていることに不満があるだけだと思いますけどね。😅

そこでこの度、そんな不満を払拭するような、最後の最後に効率の良い精算をして、その日がハッピーエンドになるような手続きを思いつきましたのでここでご紹介したいと思います。

この手法は、件のスーパーの自動精算機で行います。

皆さんは、釣り銭に端数が出ないように頭の中で計算してお金を渡したりしませんか。

例えば611円の支払いをするとしたとき、財布から千円だけを出すのではなく、千円札と111円を出して、500円玉をお釣りで頂くようなヤツです。

ただ、これをやるには、精算機の前で暗算をしないといけないわけです。脳を使うわけですから、多少エネルギーを消費します。

しかも財布の中に、その希望通りの小銭が入っているかを確認しなくてはいけません。

面倒です。

そこでです。

その精算機の小銭投入口に、財布の中の小銭をガッサー!って全部投入するんです。

multas
えー!

何も考えなくていいんです。

機械が自動的に、最も効率の良い釣り銭を計算してくれるわけですよ。

余計に入った小銭はそのまま返ってくるわけですから、そのまままた財布に突っ込めばいいわけです。

メチャクチャハッピーじゃないですか。

multas
いやまぁ、、、、確かに、、、、、楽かも。
まるたしん
でしょ!

皆様も今度スーパーなどに行かれた際は、是非ともこの全小銭ガッサー!を実践していただき、不毛なポイントカード・キャッシュレス手続きに巻き込まれない、無駄なストレスを溜めない、ハッピーエンドな買い物をしていただければと思います。

multas
キャッシュレスにしたら小銭も持たなくて良くなるんじゃ?
まるたしん
キャッシュレスにすると無駄使いが多くなるんよ。😅
multas

それではまたノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

記憶をなくす