ゲーム配信に熱上げすぎてPCが熱暴走!?

最近無謀にもゲーム配信なるものをやってみたくなって、PS4でウィッチャー3の購入を機に配信を始めました。

multas
マジか。すごいね。
たらたらゲームしているところを独り言を言いながら全世界に配信して
何が楽しいの?

まるたしん
いきなり直球ぶっ込んでくるのやめい!

確かにウィッチャー3なんてオープンワールドRPGをライブ配信なんてどこにニーズがあるのか正直わかりません。汗
しかし、世の中には咀嚼音だけを流すような動画も存在しますし、ニッチかもしれませんが、そういうニーズがあるかもしれません。😅

よくわかりませんが。😅

と、そんな感じで動画を配信してたら、ゲーム配信しているお友達から「Dead by Daylight(略してDBD)やろうよ!プレゼントするから!」とお誘いを受けましてね。

PCでSteam開いたら本当にギフトとしてDBDが飛んでまいりました!
ありがとうございます。m(_ _)m

気になってたっちゃぁ、気になってた作品だったので、早速インストールさせていただきました。

せっかくなので私の初見DBDを全世界に配信すべく、PCで配信環境を整え、かつ、情報バリアフリーということで自動字幕環境も整えました。

multas
DBDって、あのホラー映画みたいな殺し屋から逃げるゲームよね?
趣味悪いよね。
まるたしん
はっきりいう…。苦笑
まぁ、こればかりは否定できんな。苦笑

確かにキラーから逃げ惑い、捕まってしまうとクレーンに吊るされてしまうという残忍なものです。人を選びますな。

それよりも、そのお友達がどハマりしているところを見ると、同様に自分がハマってしまうかもしれないってのが一番怖いとこですな。😅

そんなこんなでパソコンの環境を整えて、無事友達と共同プレイが実現したのですが、どうもプレイ中に無線が途切れ途切れになるんですよね。

電力が足りてないんじゃないか?
とまずは思ったのですが、今年の初めに電源ユニットは新調してますし、出力600Wなので、そんな悪くないと思います。

そうなるとUSBにいろいろ刺しすぎかな?、と思うわけです。

現在USBには、XBOXコントローラー、ゲーミングキーボード、ゲーミングマウス、DAC、無線LANアダプターが刺さってます。必要最低限ではあると思いますが、そこそこ沢山刺さってはいますな。😅

そうなると、無線が切れたときに、別のポートに差し替えてみて、上手くいったらその状態でゲームを続行するわけです。
うまくいくときもありますが、やっぱりたまに再びWi-Fiが途切れます。これでは一緒にプレイしている友達にもさすがに迷惑をかけてしまいます。

PCケースを開いて、電源周りの配線を今一度確認してみましたが、問題はなさそうです。

このPCでは、息子たちもゲームをすることがあるので、状況を尋ねてみました。

息子
うん、Wi-Fiが途切れることがあったから、グラフィックの設定を落としてやってる。

あーなるほど。

まだはっきりしたわけではありませんが、これ、排熱の問題かもしれません。

PCケースは10年以上前に購入されたものをおさがりしていただいたものです。ゲーミングのケースではありませんので、排熱に関しては決していいものではないと思います。

BIOSの画面ではCPUはだいたい61度くらいでした。(アイドル時)
GPUの方は、高負荷で回してみて69度近くまで上がりました。

アイドル時のCPU温度は高いような気もします。

とりあえずこのケースには前面ファンが付いてませんでしたので、応急措置的に取り付けてみました。

かなり強引ですが(苦笑)、これで様子を見てみようと思います。

あとは次の休みにCPUクーラーのメンテナンスもしてみようと思います。

これ、何が納得いかないかって、せっかくのGPUの性能が十分に発揮されていない状況ですよ。

せっかくなら私も子供達もリッチな環境で楽しんでもらいたいじゃないですか。

まるたしん
ちなみに、以前はどんな設定でやってたの?
息子
140fpsでやってた。

モニターが60fpsまでしか対応してないんですが。

それはまぁやりすぎです。😅

そんな話をしてると今度は、

息子
えー、140fpsに対応してるモニター買ってよ〜!

簡単に言うなぁ…。😅そこそこ高いんだぜ〜。
っていうか、違いわかるのかな?笑

というわけで、今日は終わりです。

あ、あと、一応、私のゲーム配信チャンネル貼っておきます。
すこーし恥ずかしいですけど。(//∇//)

https://twitch.tv/fujimaru5963/

全世界配信しているのに「恥ずかしい」とはおかしいですな(笑)

それではまたノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください