新年早々、昨年を振り返ってみる

一年(昨年)を振り返って、なんか書けることないかなーと考えておりましたら、一年を通して語れる話がありました。😅

この写真見ただけでわかる方はあまりおられないと思いますが、これはバドミントンの「ロールガットキープカード」ってやつです。
ガットというのはバドミントンの打つところに張ってある網(アミ)のことですね。
これひと張あたり単品1400円くらいで売っているのですが、ロールはそれが10回分くるくる巻きされていて単品買いよりも割安というわけです。
丁度年末の割引セール中でしたので、かなり割安で購入いたしました。(9000円かからないくらいだったっけな?)
カードに記されている利用日初日の12/6というのはさらに前年末、2020年のことですね。

当時は新しいラケットを購入したばかりで、バドミントンの練習も楽しく打ち込んでおりました。といっても、多くて一週間に2回程度、一回あたり2〜3時間程度の練習量です。部活をしている学生に比べたらライトなもんです。

最初のブチ切れは、年明けの練習でした。ブチ切れと言っても発狂したのではありません。ガットが切れたんす。あしからず。

まだ貼ってひと月にも満たないで切れるなんて、早いとは思いましたが、そのときは正直、「それだけ練習したんやなぁ。俺頑張ってるなぁ」という充実感で満たされておりました。切れるってことは、それだけパワープレイしてるってことじゃん?って思うと、なんだか成長してるなぁ、学生ガチ勢と同じやんなぁ。

と、そのときは、思っておりました。

次に切れたのは、ひと月も満たない1月の終わりのことでした。

「え?また??」

やっぱ切れるの早いんじゃないか!?と若干思いながらも、前回とスパン的には同じくらいですから、「まあそんなもんかな」、「ガットをロールで買っててよかったわ」という気持ちが先に出てた感じですね。

そして次に切れたのが2/15。

半月ッスね。(少し間隔が短くなってる)

まあこのガットは、BG66だっけ、細いガットではあるんです。耐久性は低く切れやすくはあるようです。

しかしそれでも、これまでガットなんて一年どころか、数年に一度しか切れたことなかったものですから、そんな私からすると、このペースは化け物レベルです。

実はここからしばらく一か月以上は、切れることなく持ちこたえてくれました。

なんだかこれまで頻繁に切れるもんですから、「今回はすごい持ってる」という感覚になるんですね。切れ方のほうが異常なのに。

もうなんとなくね、「ああ、(切れるの)そろそろかなぁ」と思うんです。
そしたら案の定、切れるんです。年度末も差し迫る3/28だったかな。ガットキープカードの記録では交換日は3/29になってますね。もう、予知能力まで身についていました。

そんなやってると、今度は、その予知能力を裏切る出来事が起こったりするわけです。

なんと張り替えて3日後に切れました。

張り替えて2回目の練習だったでしょうか。

なんか、ここまで来れば笑うしかないッスね。🤣

ガットは使っていると、縦のラインと横のラインが擦れていって、やがて切れてしまうのが一般的ですが、ヘタな打ち方でかなり縁のところで打ったりすると、一発で切れてしまうこともあります。

そんな端の方で打った記憶はありませんが、当たりどころが悪かったにせよ、これまでのバドミントン人生において、こんなに頻繁に切れることなんて今までありませんでしたので、最近になって急激に下手になったというのは考えにくいかと思います。もちろん昔より力強く打てるようにはなったかもしれませんが、しょせん素人の力です。下手は下手ですけど、こんなに頻繁に切れるものか、と。周りの仲間たちの間でも、私の切れ方は群を抜いて切れまくっています。

ここまで来ると、ひとつの疑念が頭をよぎります。

この店のガット張りの方が下手なのではないかと。。。

いや、断定はいたしません。私も打ち方が下手ですからね。
しかも、これはキープガットですので、10回までは、その店でガットを張ってもらわなければなりません。他の店にガットを持って行って張ってもらうことはできないのです。
つまり、店のガット張りのクオリティを検証することはいろんな意味で困難なのです。

今回含めて残り回数あと5回。

まだ半年も経ってないのに。

その後もひと月くらいで切れたりと、相変わらずのペースで進みましたが、極めつけの出来事が起こりました。

6月下旬に久しぶりに切れたので(と言っても張り替えてからひと月半なんすけど💧)貼り直してもらったのですが、張りなおした日の夜の練習で切れましてね。

時間にして、1時間程度基礎打ちをしたあたりでした。

個人的には、「当てどころが悪かったのかしら」とも思ったりしましたが、周りの仲間たちが「さすがにおかしい。貼り直してもらえば?」と言ってくれましたので、ダメ元で練習後、そのまま再度スポーツショップを訪れ、事情を話しました。

断られるかな?とも思いましたが、すぐに対応してくれ、無償で再度張替えをしてくれました。申し訳なくもありましたが、正直ホッとしました。

引き渡し時に店員さん、

店員
当たりどころによっては、すぐに切れることもございますので、、、
まるたしん
・・・。
(わかってます。🙁)
まるたしん
ありがとうございました。(礼)

あの~、
丁寧に張り上げてくれたのかわかりませんが、そのガット、3か月以上持ちました。😅

記念すべき10回目の張り替えは、持ってるラケット2つとも同日に切れまして、9回目と10回目の同時フィニッシュとなりました。1個切れて、変えたもう1個のラケットもすぐに切れた感じです。😅

良い終わり方でした。(いや、何が良いのかわかりませんが。)

というわけで、1年を通して起こったネタということで、今回ご報告させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

今回のロールガットは、割引セールで10回分を9000円位で購入したものです。一回張り替えるたびに500円の張替え代を支払いますので、10回張り替えたら5000円ですね。9000円と5000円で、年間14000円使った計算です。バドミントンも意外と金のかかるスポーツですかね。まあシャトルも高いので意外でも何でもありませんが。

これがロールガットじゃなかったら、一回あたりガットに1400円くらい使いますので、10回だと14000円+貼り代5000円かかり、1年でラケットが新調できるくらいの費用がかかります。趣味というには恐ろしく金のかかる世界です。

現在張っているものは、耐久性のあるゴーセンの太いガットです。
元のお店にはなんの恨みもございませんが、別の店で張りました。店員さんが言うには、「2か月は持つよ!」とのこと。2か月しか持たんのか!

私の場合はバドミントンは趣味ですからね。(生きるため、でもありますが)今年はコストバランスを考えながら楽しんでいきたいと思います。

新年一発目の話題が昨年の話になってしまいました!

というわけで、今年もマルタス クリエイティブ ラボラトリーをよろしくお願いします〜。😊

それではまたノシ🙌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください